スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津久井やまゆり園について

今年、差別解消法が施行された。しかし、あれはなんだったんだ!
約四か月後に、「津久井やまゆり園事件」が起きた。
障害者なんて生きている資格はないだって!?
 
「事件」の容疑者の考え方に、私は怒りをおぼえます。
かつて、20万人を殺害したといわれるヒトラーの優性思想を思い出しました。在日外国人などに対するヘイトスピーチが横行するなか、とうとう起こってはならない「事件」が起こってしまいました。

行政は、「事件」を機に事実上精神障害者への差別をあおっています。マスコミの報道にも問題があります。殺された障害者の方の名前を報じないのは、なぜなのでしょうか。障害者が生きてきた「歴史」というものを抹消することになりはしないでしょうか。

 以前、石原慎太郎は知的障害のある方を見て「こんな人に人格はあるのかね?」ということを言った。日本の現在の首相である安倍は、この見方を引き継いでいる。なぜなら、彼は被災地の老人ホームを見舞っているにも関わらず、「津久井やまゆり園」には一歩も近づこうとしないからだ。それはおかしいんじゃないかと思う。海外の国家の責任者は、この事件に言及し、その優性思想を批判し哀悼の意を示している。にもかかわらず、日本の責任者は何も言及しなければ、哀悼の意も示さない。国の長なら絶対許してはならない犯罪のはずだ。彼は責任者ではない!、と私は思う。

こんなこは二度とあってはならない問題だ。差別解消法は意味がない。私たちは「ともに生きる」ことを考えなければいけない。インクルーシヴ問題をきちんと考え、健常者であるか、障害者であるかにかかわりなく生きる社会を作らなくちゃいけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね、

僕も軽くしか、Facebookにかいていません。
怒りネットの神奈川県のまとめをみても
かきたいことは、山ほどある

なんで、殺されなければ、いけないのか
無実の人を
プロフィール

鈴木敬治

Author:鈴木敬治
ただの障害者です。たまたま変わったところがありますが、当り前な生き方をしています。
野球はヤクルト、音楽は吉田拓郎をこよなく愛しています。
フォークソングが大好きで色々な人の歌を聴きます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。