FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「言葉」

 私には、言語障害がある。1年前、私はある介助者に、それでも自分の言葉で話したほうがいい、わからなかったときは通訳するから、といわれた。私は駅でも、駅員に自分で話している。駅員がわからなかったときだけ、介助者に通訳してもらっている。タクシーに乗るときもそう、電話もそう、自分で話している。ある介助者は、私が何を話しているのかわからない人はいい加減に聞いているからじゃないか、といっていた。私が話すことを真剣に聞こうとすること、「共に生きる」とはこういうことでもあると思う。

 昔、私は「なまずの家」に泊まりにいった。泊まった翌日の朝、私はある男の知的障害者にぶたれた。なぜ、そんなことをされたのか、当時はわからなかった。でも、今はわかる。そのとき、なまずの家に女のこが2人いた。私は、この2人と楽しくおしゃべりしていた。今から思えば、彼は自分は相手にされていない、自分はのけ者にされている、と思ったのだろう。彼は、言葉はうまく話せないけどそう思ったにちがいない。頭にきたのだろう。私もあべこべの立場だったら、やはり怒るはずだ。その後、共通の友だちの結婚式で、この男の知的障害者と会ったとき、彼は私のことをほんとうに大事にしてくれた。言葉でやりとりできなくても、気持ちでわかりあえることがあるんだ、と私は思った。

 私はいくつもサークルに参加しているが、私の話を真剣に聞こうとしてくれるサークルも2つほどあるけど、そうでないサークルもある。私はわかってもらえるまで話し続ける、だからみんなもわかるまで聞いてほしい。時間なんて関係ない。当たり前のことだ。このあいだ、昔からお世話になっている弁護士さんが、いいことをいっていた。時間はいくらかかってもいい。お互いに納得するまで話し、そして聞く、これが大切なのだ、と。大学の先生とかエライ人は、私の話をあまり聞こうとしてくれない。めんどうなのだろう。私は、これは障害者に対する差別だと思う。差別は禁止だとかいろいろいっているが、こういう人たちは信用できない。

 私の介助者のなかにも大学の先生がいるけど、彼は私の話を真剣に聞こうとすることにより、多くのことを勉強している。こういう人は、ほんとうにいい人だ。あと、私といい意味でケンカしてくれる介助者も。大切にしたい介助者はこんな人だ。私から逃げる人は「弱い」人だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

しみますね

あぁそうかもなと思う下りが多々。ろうあの知り合いがいるけど、じっと見て話を聞けばほとんどわかる。手話ができるできない、言語障害の有無じゃないんだよなと思うことが多い。

わかりあいたい

私の奥さんはとても可愛い人ですが、鈴木さんと同じ障害者で鈴木さんよりも言語障害が強く、30年も一緒にいるのに話していることの百分の一もわかってあげられていないです。彼女がイライラしているのがわかります。どうしたら良いでしょう。言語障害は本当に悔しい障害ですね。

佐々木さんへ

私は相手に聞くことが大事だと思う。何回も何回もわかるまで聞くことだと思います。

えれなさんへ

その通りだと思います。

No title

今日のFBに書いた利用者さんも、言語障害があります。
クリスマスケーキを買いたくてケーキ屋でどのケーキを買うか決めたのですが、飾りつけを自分でするケーキだったので、それでも良いかと確認してきました。
本人が「いいです」と言っているのに、僕の方に聞いてくる。思わず、「Aさんがいいですって言ってるだろう」と怒鳴ってしまいました。
介助者が先走って怒鳴るのは違うことだったけれど、家に帰ってからその話をずっとされていました。だいぶ悔しかったんだと思います。
敬冶さんもたくさん悔しい思いをされていると思います。

すいません。どう考えても納得がいかないので、関連のあるブログがFBでシェアされていたんで書き込んでしまいました。ごめんなさい。
プロフィール

鈴木敬治

Author:鈴木敬治
ただの障害者です。たまたま変わったところがありますが、当り前な生き方をしています。
野球はヤクルト、音楽は吉田拓郎をこよなく愛しています。
フォークソングが大好きで色々な人の歌を聴きます。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。